康卵の『大寒卵』



風水によると
「大寒に産まれた卵を食べると、健康面や金運が上昇する」
と言われ、とても縁起の良いものとされています。
また、一年で最も寒さが厳しくなる寒の入りから、
節分までの寒中に産まれた卵を「寒卵」といい、
この時期の卵は滋養に富むと言われています。
平成30年大寒:1月20日(土)
 康卵の里では「大寒卵」1月20日に農場から直送いたします。   
健康運・金運を願って、年に一度の縁起物「大寒たまご」をどうぞ!

注文受付は平成30年1月16日(火)まで期間限定です!

ページトップへ